2016年03月27日

LOVE the ROCK出演者発表

6月5日に梅田NOONにて開催するShakermaker Presents〜LOVE the ROCKの出演者が決定しました。

ライヴにGLIM SPANKY、HAPPY、VANILLA.6、MCにFM COCOLOよりMARK'E、DJにTAISHI IWAMIとNAKAMURA KAZUMOTO、POSEUR、dustbin、トムツジモトの出店もあります。

チケット発売は4月2日よりプレイガイドLAWSON、e+にて。また当日より、NOON、心斎橋ROCKROCKでは、オリジナル・デザイン・チケットの店頭販売も行います。

LOVE the ROCK FLYER WEB用

-------------------------------------------
Shakermaker Presents〜LOVE the ROCK

6月5日(日)
@梅田NOON
16時〜22時
前売3000円/当日3500円(共に別途1ドリンク代要)

■LIVE
GLIM SPANKY/HAPPY/VANILLA.6
■MC
MARK'E(FM COCOLO)
■DJ
TAISHI IWAMI/KAZUMOTO NAKAMURA
■SHOP
dustbin/POSEUR
■チケット4月2日より発売
LAWSON(CODE:55744)
e+(http://eplus.jp)
■オリジナル・チケット(店頭販売のみ)
ROCKROCK(0662446969)
NOON + CAFE(0663734919)
--------------------------------------------

■GLIM SPANKY / 大人になったら


■GLIM SPANKY / 焦燥


■HAPPY / LUCY


■VANNILLA.6 / 90 Millan


at 19:59|PermalinkEVENT 

2016年03月24日

Shakermaker on 3.25

3月25日は心斎橋ROCKROCKにて毎月第4金曜日に開催しているShakermaker。「UKロックへのリスペクト」に」発し11年、そのルーツや世界のインディー/オルタナ・ロックを中心とした選曲をお届けする一夜。

今回で、東京から約2年間通い続けてくれたDJ cabbage boyがラスト、DJ TAISHI IWAMIはこの日がジャスト誕生日。2人を知る方も、まだ見ぬ音楽好きのあなたも、ぜひ遊びにきてください。

CeOaDgZUIAASyIP

-----------------------------------------
Shakermaker
3月25日金曜日
21時〜翌5時
@心斎橋ROCKROCK
入場1000円1ドリンク付
GUEST DJ:OHNO SHINSUKE
DJ:TAISHI IWAMI / cabbage boy

http://www.rockrock.co.jp/ 
------------------------------------------

at 19:16|PermalinkEVENT 

2016年03月23日

Seuss『Tody Was Good』

Shakermaker Presents〜LOVE the ROCKに1回目にも出演、ほか私TAISHI IWAMIが最も多く共演させてもらっている関西のバンドSeussが、遂にミニ・アルバム『Today Was Good』をリリース。これまで数多くのイベントにひっぱりだこ、自主企画も見事に成功させてきた彼らですが、インターネット上での音源公開も大きくは打ちださず、フィジカルのリリースも専門店流通のCDと7インチ・レコードのみだったので、世の中的にはいよいよベールを脱いだことになる。

616-58OnGwL__SL1124_

The BeatlesやThe Beach Boys、The Zombiesといった、1960年代を彩ったバンドたちのマナーに連なる、頭ひとつ抜けたメロディー・センスに溢れる楽曲が源にある。それを、レイジーなヴォーカルや想像力を研ぎ澄ませた少ない音数で、自由度高く崩していくようなイメージ。結成当初のサイケ風味を良い具合で残した鮮やかで空間的なギターの音色や、ドラムの低音に表れる力強さ、間の焦らしやラフなシンバルの鳴り、シンプルだからこそ頭の中をループするベース・ラインなど、彼らならではの音色の重なりが光る。“緩いようでパキッとした”感覚の折衷センスという意味では、The Strokesの1stアルバム『Is This It』のムードに近いものがあり、何やら大きな波が来ることを予感させる注目作だ。

■Seuss / Little Boy


■Seuss / Dancing Stupid


そして来る3月25日金曜日、心斎橋Pangeaで本作のリリース・パーティー、彼ら初めてのワンマン・ライヴがあります。19時開場、僕もオープニングDJとして参加しますのでぜひ遊びにきてください。先に行われた東京でのステージも素晴らしかったと聞いただけに楽しみです。

CeJVM1LUYAAcZNY

--------------------------------------------
Seuss "Today Was Good" Relase Party Osaka

3月25日金曜日
19時開場
前売り:2000円/当日2500円(ともに別途1ドリンク代要)
LIVE: Seuss
DJ:TAISHI IWAMI

http://seusstheband.tumblr.com/

--------------------------------------------


(TAISHI IWAMI)

at 18:53|PermalinkEVENT | ALUBUM REVIEW 2016

2016年03月16日

PJ Harvey / The Whell

デビューから25年超、UKのオルタナティヴ・クイーン、PJ Harveyが5年振りとなるアルバム『The Hope Six Demolition Project』を4月15日にリリースする。


pj-harvey-the-hope-6

今作は彼女自身がコソボ、アフガニスタン、ワシントンDCの旅した際のドキュメント。とても生々しいく熱い作品になるに違いない。リアルな臨場感とともに受け取るメッセージは凄まじく、素晴らしい。先行公開曲もストレートなロックンロール衝動と深い趣、詩的な魅力たっぷり。

■PJ Harvey / The Wheel


それにしても、いつまでもかっこいい。1969年生まれか。目指したい大人の姿。

(TAISHI IWAMI)



at 17:26|PermalinkNEW MUSIC 2016 

2016年03月05日

Parklife on 3.5

本日3月5日は、ShakermakerのDJ、TAISHI IWAMIとcabbage boyが、東京新宿BE-WAVEでレギュラーDJを務めているイベントParklfe。

22時〜オールナイトでごきげんなロックをがっつり浴びることができる夜。今回はメンバー中一番の若手、伊藤颯政の誕生日でもあります。賑やかな夜になること間違いなし、皆様のお越しお待ちしています。

Parklife

-----------------------------------------
Parklife

3月5日土曜日
@新宿BE-WAVE
22時〜翌5時
入場2000円1ドリンク付
DJ:cabbage boy/樹里/佐々木健治/伊藤颯政/TAISHI IWAMI

------------------------------------------



at 09:15|PermalinkEVENT 

2016年03月02日

ハルカトミユキ@梅田AKASO

自分のDJ情報や媒体へのライティングのお知らせ以外にも、書きたいことは山ほどあって、このブログこそ、僕がなんでも言える場なんだけどなかなか手が回らず、書くべき時期を過ぎてしまう。そんな毎日ですが本日はライヴの感想を。

2月20日土曜日、ハルカトミユキのワンマン・ライヴ@梅田AKASO。彼女たちは、SNSでもここでもでも、最も多く記しているアーティスト。2014年にスランプに陥り、2015年見事に復活。その姿に心打たれ、熱心に追いかけている。

会場に入ると、David Bowie「Space Oddity」、エレファントカシマシ「今宵の月のように」といったオルタナティヴで濃厚な色気を放つナンバー、宇多田ヒカル「Flavor of Life」、One Direction「Story of My Life」といった実は2人らしい、ポップで煌びやかかつ、情緒深いナンバーが流れていた。実に明快なセレクトが心地良い。

そしてステージが幕を開ける。大きく言うと、前半はじっくり聴かせ、オーディエンスをその世界観に引きずり込み、後半はダンサブルなナンバーや激しく肉体的なナンバーで躍動しフロアのムードを引っ張る、2部構成のようなイメージ。「ありがとう」といった類のシンプルで心のこもった挨拶や曲のタイトル以外、MCはなし。2つの対照的な力を、音を発すること、歌を歌うことで発揮することのみに集中し、そのパフォーマンスは圧倒的な高みへと昇華していく。

サポートメンバーの演奏も素晴らしい。ロック然としたハードなサウンド、中毒性の高い轟音、ビッグなスタジアム級のパワフルな演奏、空間的な優しい音色、ギター・アレンジの緩急にはこれまで以上に目を見張るものがあった。そしてそれは、ベースのストイックで安定感のあるプレイがあってこそのもの。ドラムの中畑大樹は、サポート・メンバーという枠では語れない、なんというか、音と音とのぶつかり合いがあってこそ生まれるバンド内の絆がグル―ヴとなって、フロアを完全掌握するエネルギーの核となっていた。

個人的には、ハルカトミユキにがっつりロックされた「マネキン」、観てみたいと思っていた「プラスチック・メトロ」、なんとなく演奏しないと思っていた最新ミニ・アルバム『LIFE』収録の名曲「September」を体感できたことも嬉しかったのだが、最も印象的だったのは「肯定する」だ。

ハルカの詞は一貫してエモーショナルで生々しい。なので、”言葉遊び”という表現は不適切かもしれないが、ある種の美化や、知的アレンジが持ち味であることも確か。しかし、この曲ではそういった要素を捨て、不器用なままに吐き出される「肯定する」、「命」という言葉が、類稀なるメロディー・センスに乗って輝く。このとき、物理的な動きではなく、ここでしか味わうことのできない、自分も含めフロアにいる人々が心と心でつながったような一体感を感じた。



そして、ミユキの存在感もまた際立っていた。楽曲の緊張と解放を誰よりも体現する動きに踊り出さずにはいられない。とりわけ後半のニュー・ウェーヴ色が強い曲に分かりやすく表れる、キーボード・アレンジのアイデアからは、貫録すら感じる。彼女の80'S好きたる側面は、観るたびに、聴くたびに深化する。そのポテンシャルがこれからどのようにバンドに影響を及ぼしていくのか、楽しみで仕方がない。



終演後、物販ブースに走り、ひとりひとりに挨拶をする2人。来てくれたお礼とともに次なる約束を交わし、それに見合うよう腕を磨く。昨年から繰り返し行ってきたことを引き続き継続している。僕もDJだから少しだけ分かるんだけど、しょうもないことしたと思っていたら、本当に出て行き辛い。皆の前で心からの笑顔を見せるにはやりきるしかない。やりきらなきゃ成立しない場が、ハッピーな空気に満ちていたことが、この日の結果の全てだと思う。

唯一のカリスマ性を持つギター・ヴォーカリストと、アイデアの宝庫と言えるキーボーディスト。2人の地べたを這ってでも伝えんとする魂の叫びと、ロックの世界がずっと待っていた輝きを放つスター性はまだまだ更新中。7月にはアルバムをリリース、9月には再び大阪にも帰ってくる。そして昨年の奇跡から1年を経て日比谷野音にも。まだ見ぬ人にもぜひチェックしてもらいたい。

ハルカトミユキ・オフィシャル・ホームページ



(TAISHI IWAMI)







at 11:58|PermalinkLIVE REPORT 
SPECIAL EVENT
LOVE the ROCK FLYER WEB用
Shakermaker Presents〜LOVE the ROCK

6月5日(日)
@梅田NOON
16時〜22時
前売3000円/当日3500円(共に別途1ドリンク代要)

■LIVE
GLIM SPANKY/HAPPY/VANILLA.6
■MC
MARK'E(FM COCOLO)
■DJ
TAISHI IWAMI/KAZUMOTO NAKAMURA
■SHOP
dustbin/POSEUR
■チケット4月2日より発売
LAWSON(CODE:55744)
e+(http://eplus.jp)
■オリジナル・チケット(店頭販売のみ)
ROCKROCK(0662446969)
NOON + CAFE(0663734919)
REGULAR EVENT
s84
Shakermaker
4月22日金曜日
21時〜翌5時
@心斎橋ROCKROCK
入場1000円1ドリンク付
DJ:TAISHI IWAMI
GUEST DJ:OHNO SHINSUKE

「UKロックへのリスペクト」をテーマに2015年にスタート。世界のインディーロックやそのルーツなども交えた選曲をじっくりお届けするロックDJパーティー。

http://www.rockrock.co.jp/