2015年09月18日

Awesome City Club『Awesome City Tracks 2』

CPFD-leUYAAlTUK

今年2015年4月に彗星の如くメジャーデビューしたAwesome City Clubがセカンドアルバム『Awesome City Tracks 2』をリリース。本日9月17日昼、メンバーのatagiくんとPORINさんにインタビューしてきました。これから文字に起こす記事は、GOOD ROCKS!10月発売号に掲載されますのでお楽しみに。

その後、夜は5人のライヴを観に東心斎橋JANUSへ。4バンド出演のイベントだったので演奏時間は20〜30分ほどでしたが、その魅力をしっかり味わいました。実はデビュー前からそのパフォーマンスは何度も見ているのですが、確実にアップデートされてる。初期の少し怪しげでセクシャルな魅力も見え隠れさせながら、どんどん開いたものになってきている。明るさと力強さが前に出てくれば出てくるほど、後ろを想像させる姿に、どんどん惹かれていってます。

新作からのナンバーももちろん披露してくれました。中でも「GOLD」に痺れる。仮想ファンタジー的なバンドのイメージは残しつつ、ダイレクトにフィジカルなサウンド、戦う気持ちを後押ししてくれる歌詞、新たな表現力を見せつけられた。

■Awesome City Club / GOLD


(TAISHI IWAMI)

at 00:45|Permalink

2015年09月12日

Seuss / Dancing Stupid

無題

関西を中心に活動する4人組バンドSeuss。結成直後から共演する場が多く、僕が関わるイベントにもよく遊びに来てくるし出演もしてもらってた。そして間もなく、インディーロックシーンにおいて、次のブレイクを最も期待される存在となる。しかし、WEB然りフィジカル/DL作品然り、しっかりした露出やリリースをすることなく、早耳リスナーの間でも謎が多かった。彼らなりの考えはあったと思う、しかし僕は「最低限のものはそろそろ揃えたら?」と話し続けてきた。もっと細かいことも、彼らから聞かれたわけでもないのに勝手に言い続けてきた(笑)

僕は人の曲をかけるDJ。それを作れる人たちのことは言うまでもなく尊敬しているし、それを最大限示せるように選曲しています。しかし、”人前に立つ人間”としては、余裕で勝ってるし、そこに「いやいやでも人の曲かけてるじゃん」という人がいるなら、僕はターンテーブルと向き合って、空間を作ることと必死で向き合ってきた自負があるわけです。とはいえ、「ぬるい」とよく言う奴は、強い気持ちを持った奴は孤立する。まあ僕がシンプルに間違っていただけかもしれませんが(笑)。そんな中、年は僕が一回り上だけど、同じくらいメラメラした気持で戦ってくれる仲間、それがSeussだから。

そして彼らはやっとMVを届けてくれた。

■Seuss / Dancing Stupid


緩やかなタッチのラフなサウンド、気怠いヴォーカルとコーラス、この脱力感の中にあってそれでも圧倒的に輝かんとするポップなメロディー。例えばPavementやThe Strokesに出会ったときに感じた「なんだこれ?」という”あの”感覚、多くの人にとって、インディペンデントな音楽への扉が開く瞬間に成り得るポテンシャル。

そしてこの曲が7インチシングルになった。そして更にリリースパーティー開催。僕もDJ出演します。その日世界で一番面白いことを起こせる、気合いに満ちた出演者ラインナップです。明日9月13日はぜひ京都METROへ。

無題

--------------------------------------
Seuss Release Party

9月13日(日曜日)
場所:京都METRO
開場:17:00
前売り:2300円(別途1ドリンク代)
当日券:2800円(別途1ドリンク代)

LIVE:Seuss / the fin./ D.A.N. / And Summer Club / DYGL
DJ:TAISHI IWAMI / タイラダイスケ

http://www.metro.ne.jp/
------------------------------------------

(TAISHI IWAMI)


at 17:18|Permalink

2015年09月11日

Vitamin / Give It Up

11745801_751762611613094_1329450200932187974_n

話題のバンド、UKはリーズ出身の4人組、VitamiのデビューEP『Give It Up』。リリースはChvrchesやHaimを輩出したNational Anthemより。これは突き抜けています。大器の予感。

■Vitamin / Give It Up


躍動感のあるロックを下敷きに、煌めくシンセが舞うタイトルナンバー。歌メロのインパクトは、近年のUKからのブレイクアーティストで言えば、PeaceやThe 1975らに勝るとも劣らぬ存在感。これからの動きが楽しみです。

(TAISHI IWAMI)

at 22:33|Permalink
REGULAR EVENT
s92k
Shakermaker

心斎橋ROCKROCKにて12年間、毎月休まず開催しご愛好いただいたShakermakerは、2016年いっぱいでレギュラー開催を休止しました。また大きくなって帰ってきます。そのとき会いましょう!