2015年10月01日

Skylar Spence『Prom King』

KIMG0795

ニューヨーク出身のプロデューサーSaitn Pepsiが大人の事情でSkylar Spenceと改めファーストフルアルバムをリリース。収録曲『Fiona Coyne』はリリース時から僕がよく出入りするロック/インディー系のクラブイベントではかかりまくっていたのですが、改めて「アルバムがいい」と話題。Twitterやインスタグラムでも、DJ仲間や音楽仲間の薦めている写真や文章を毎日見る勢い。

飛び抜けてキャッチーな『Fiona Coyne』は、日本国内でも各ラジオ局でかかりまくって大ヒットしていく流れが目に見えるよう。

■Skylar Spence / Fiona Coyne


タイトルにある「PROM」という言葉を知らなかったので調べてみた。「promenade」の略でアメリカやカナダでは、学生が卒業時に主催するフォーマルなダンスパーティーのことを指すのだそう。男女ペアでの参加が基本、思い切って意中のあの娘を誘って・・・、確かに映画でよく観るシーン。そこにおける「KING」というとても華やかなイメージさながらの、70年代~80年代のディスコやポップスを基調にしたテンション高めのファンキーなサウンドと甘酸っぱい旋律が光る。聴いてきた音楽や共に過ごした仲間、作者自身、もしくはアメリカの若者たちの青春物語が見えるような作品。DJバッグからも外せない。

■Skylar Spence / Can't You See


(TAISHI IWAMI)

at 09:57|Permalink

2015年09月30日

the fin.『Days With Uncertainly』

KIMG0793

1月のLOVE the ROCKに出演してくれたthe fin.のファーストアルバム『Days With Uncertainly』が嬉しいアナログ化。早速購入して改めてじっくり味わう。やはりアナログはいい。針が盤に触れ、ターンテーブルを回って音が出るところを眺めることで音を楽しんでいることをより実感できる。

究極の曲線美とでも言いたい確立されたメロディーセンスに酔いしれる。丁寧なタッチで紡がれる優しい音の重なりが、ミニマムな方向に向かうことで生れる間によって、その淡い色彩感や空間的な立体感はより際立ち、心地良い揺らぎと共に想像力を引き出してくれる。頭の中に色がるオーロラのような世界がやがて具現化してくるようなトリップ感覚。オーディオ体験の素晴らしさをしっかりと感じさせてくれる稀な1枚。その音像の中で、大好きなあの人といつまでも戯れていたい。

■the fin. / Night Time


■the fin. / Till Dawn


■the fin. / Without Excuse


(TAISHI IWAMI)

at 08:42|Permalink

2015年09月29日

GLIM SPANKY『SUNRISE JOURNEY』

ImgTop_20150615

7月22日にファースト・アルバム『SUNRISE JOURNEY』をリリース、新人ながらフジロックフェスティバルのレッドマーキーステージに出演、現在全国ツアー真っ最中のGLIM SPANKYに、僕がインタビューを行った記事が、GOOD ROCKS! Vol.66に掲載されています。今回で2回目のインタビュー、文字数も前回より少し多かったので、より濃い内容にまとめられたかと思います。全国CD店や書店、Amazonでも購入可能ですので、よろしくお願いします。

GOOD ROCKS!オフィシャルホームページ

GLIM SPANKYのツアーは残すところ大阪、愛知、東京。愛知はソールドアウト、大阪と東京もチケット残りわずかのようです。

GLIM SPANKYオフィシャルホームページ

disk_l

松尾レミ(ヴォーカル/ギター)、亀本寛貴(ギター)の2人組。松尾のハスキーでエモーショナルな歌声によって、自身が紡ぐレトロなメロディーと言葉に強烈なメッセージ性と哀愁が生まれる。そして、そのインパクトに寄り添うこともぶつかっていくことも含め、亀本のギターテクニックと表現力もまた力強く躍動。2つの化学反応が前面に出たサウンドは、トラディショナルな正統派ブルースロックへのリスペクトを感じさせながら、2015年に響くべく現代性がそれを越えてくるイメージ。例えばThe Wite StripesやSuperflyやLove Psychedelicoがそうであるように、”今だからこそ”と言える新たなポップミュージックのスタイルを示し、音楽シーンに大きな影響をもたらしてくれると信じて止まない。

■GLIM SPANKY / 褒めろよ


■GLIM SPANKY / 大人になったら


■GLIM SPANKY / リアル鬼ごっこ


(TAISHI IWAMI)



at 11:15|Permalink
NEW PARTY!
Target!01_leg
Target!

2017年9月23日
場所:大阪NOON+CAFE
時間:17:00〜23:00
チケット:前売り3000円(別途1ドリンク代/8月5日よりプレイガイド・NOON店頭にて発売します)
■LIVE
DATS/HAPPY/Heavenstamp/MIssissippi Khaki Hair
■DJ
TAISHI IWAMI/ナカシマセイジ(Alffo Records)/Banchan(FM802)/Higu(mogran'bar)
■問い合わせ先
IN THE FLIGHT inc.
NOON+CAFE