2016年10月13日

LOVE the ROCKまであと1カ月

Rei Artist2











theTHROTTLE

ゲストにTHE THROTTLE、Reiはロングセット、SeussとAFRICAを迎え、11月13日に梅田NOONで開催する4回目のShakermaker Presents〜LOVE the ROCKまであと1カ月を切りました。

今一度このイベントのことを説明すると、心斎橋ROCKROCKで開催している12年目に突入したDJイベントShakermakerに、ライブも交えたスペシャル・バージョンです。

まずは現在から未来を指し、輝けるものが大前提。そしてそれらは、60年代のスウィンギン・ロンドン、フラワー/サイケデリック、70年代にはパンク、80年代のニューウェーブ、ヒップホップやクラブカルチャーの創生、90年代に入り、オルタナ/グランジ、ブリット・ポップの隆盛やクール・ブリタニア、2000年代のロックンロール・リバイバル、ロックの文脈でかなりおおざっぱに書きましたが、クールな歴史のうえに成り立っている。音楽やファッションやアートに若者が浮かれていた華やかな時代もあったでしょう。カルチャーにある種の救いを求めていた時代も、そこにメッセージを込めて世の中と戦っていた人たちもたくさんいた。そしてそれは今も、これからも続くこと。そういう根本的なことを最も大切にしたい、という思いでやってます。

そしてもうひとつ。未熟ながら発信者として、あなたを愛し抜きたい。ただ飲みたかったあなたも、踊りたいあなたも、絶望を抱えてここに辿り着いたあなたも。みんなが楽しめるとか、ひとつになるとか、そんなんじゃなくて、それぞれがそれぞれの思いやがあって、会場を出る時に良い方向を向いてもらえていたら。だからいつも、ちゃんと感じて判断してもらうために、例えばタイムテーブルも余裕を設け、現場でもいろんなことを考えながらやっています。

と、難しいことは抜きにして、遊びに来てくれる人にとっては、ただ楽しい空間であればそれでいいし、そこからちょっと音楽やファッション、アートのことを掘ってみたいという人には、なにか得てもらえるような仕掛けをしていますし、スタッフも揃えています。まずは、一度、足を運んでいただければ。

あと、これはお願いです。僕ら個人所帯は大きな媒体やイベントに比べると圧倒的に”数”を取ることが弱い。そして、大きなイベントにある情熱や現場の運営など、あらゆる面で圧倒的な差を感じることもしょちゅう。なのに、既に何千という観客を相手にできるアーティストたちが、わざわざLOVE the ROCKのステージを踏んでくれた。”マーケット”や”プロモーション”というには、あまりにも欠けていることが多いのに。それはビッグなステージにはビッグなステージの良さが、そしてそれだけでなく、皆さんと近い距離感で伝えたいことがあるから。アーティストだけでなく、マネジャーやメジャーレコード会社の人も、首を縦に振ってくれるんです。腐っていない音楽業界がちゃんとある。そして、それに相応しい場を我々が作っている自信はあります。だから、この場所を楽しめる可能性がある人に、このチャンスを逃して欲しくない。”LOVE the ROCK”という存在を広めるために、皆さんの力を貸してください。

LtR04_0920

----------------------------------------
Shakermaker Presents〜LOVE the ROCK
11月13日(日)
@梅田・中崎町NOON
16時〜22時
前売り:2500円(別途1ドリンク代要)
当日:3000円(別途1ドリンク代要)
■LIVE
THE THROTTLE
Rei
Seuss
AFRICA
■MC
MARK'E(FM COCOLO)
Banchan(FM 802)
■DJ
TAISHI IWAMI
KAZUMOTO NAKAMURA
■SHOP
Run Rabbit Run Vintage
dustbin
Star Cats
CHALON
■前売り
LAWSON(CODE:59173)
e-plus(
http://eplus.jp/
■前売り取り置き
info@readytorock.jp に【件名】LOVEtheROCKチケット【本文】お名前と人数を記して送信。こちらからの返信を以て完了。当日エントランスでお名前を言ってください(混雑時はプレイガイドチケットお持ちの方に、
優先入場していただきます)
■NOONホームページ
http://noon-cafe.com/
---------------------------------------------



at 21:55|Permalink

2016年09月21日

11.3(SUN)LOVE the ROCK 追加出演者発表!

  11月13日(日)に梅田NOONで開催するShakermaker Presents〜LOVE the ROCK vol.4、THE THROTTLEとSeuss、そして我々レギュラーDJ&MC人に加え、3組の追加出演者が決定しました。

Rei Artist2

まずはこのイベントを立ち上げた2015年からずっと気になっていたアーティスト。念願叶いました。ブルースをルーツに持つ凄腕ギタリスト/シンガー・ソング・ライターのRei。まずこれだけのギターを弾きながら歌う姿だけでもショウとして最強。それがヒップでユーモア溢れるナンバーと共に繰り広げられるときたら、きっと素晴らしいパーティー空間になることでしょう。ミニアルバム『ORB』は9月21日発売!

■Rei / COCOA


そして2組目は彼ら。

Africa

地元関西から、いつもあなたの側にいる楽園ポップ、AFRICA。目下人気も実力もぐんぐん上昇中だけに、今回のパフォーマンスも楽しみです。

img_2s

そしてFM802よりBanchan(ばんちゃん)こと坂東さえか。今回はMARK'EとのMCと共に、DJも披露してくれます。

LtR04_0920

----------------------------------------
Shakermaker Presents〜LOVE the ROCK
11月13日(日)
@梅田・中崎町NOON
16時〜22時
前売り:2500円(別途1ドリンク代要)
当日:3000円(別途1ドリンク代要)
■LIVE
THE THROTTLE
Rei←new!!
Seuss
AFRICA←new!!
■MC
MARK'E(FM COCOLO)
Banchan(FM 802)←new!!
■DJ
TAISHI IWAMI
KAZUMOTO NAKAMURA
■SHOP
Run Rabbit Run Vintage
dustbin
Star Cats
CHALON
■前売り9月10日土曜日発売
LAWSON(CODE:59173)
e-plus(
http://eplus.jp/
■NOONホームページ
http://noon-cafe.com/
---------------------------------------------

チケットは絶賛発売中。「LOVE the ROCKってどんなイベント?」と、気になる方はコチラから前回のレポートを。イベントに関する詳細問い合わせはinfo@readytorock.jp まで。では、皆さまのお越しをお待ちしています。



at 06:15|Permalink

2016年09月06日

LOVE the ROCK vol.4 開催決定!

6月5日にGLIM SPANKY、HAPPY、VANILLA.6を迎え大盛況のうちに終えた、Shakermaker Presents〜LOVE the ROCKの第4回が決定しました。11月13日(日)16時オープン。場所は引き続き梅田/中崎町NOONにて。

前回の様子はコチラから。

それでは、DJ TAISHI IWAMI、KAZUMOTO NAKAMURA、MCにMARK'E(FM COCOLO)のレギュラーメンバーと共にイベントを盛り上げてくれるゲスト出演者を発表します。

theTHROTTLE

2500本以上の路上ライヴ、ライヴハウスでの熱い活動を経て、遂に全国流通アルバムデビューを果たすTHE THROTTLE!今回が大阪初ライヴ、1時間セットを披露してくれます。

Seuss

第1回目から久々の登場。京都のレーベルSecond Royal所属のSeuss。

両バンドとも、50年代や60年代の音楽をルーツに持ちながら、独自の現代的なアプローチが映えるバンドです。

LOVEtheROCK Flyer

----------------------------------------
Shakermaker Presents〜LOVE the ROCK
11月13日(日)
@梅田・中崎町NOON
16時〜22時
前売り:2500円(別途1ドリンク代要)
当日:3000円(別途1ドリンク代要)
■LIVE
THE THROTTLE
Seuss
■MC
MARK'E(FM COCOLO)
■DJ
TAISHI IWAMI
KAZUMOTO NAKAMURA
■SHOP
run rabbit run vintage
dustbin
■前売り9月10日土曜日発売
LAWSON(CODE:59173)
e-plus(
http://eplus.jp/
■NOONホームページ
http://noon-cafe.com/
---------------------------------------------

それでは、あなたのご来場をお待ちしています!



at 21:00|Permalink

2016年08月17日

次回Shakermaker

1ヶ月以上もブログを触っていなかった。個人のものもオフィシャルもSNSは、1回のお知らせが楽なもんで、割と触っているんですが……。でもそれだけに情報は流れてしまうし、例えば音楽情報なら結局下調べする労力は同じだし、見てもらえる人が少なくても、ちゃんと残るブログがいいなと改めて。

次回Shakermakerは8月26日金曜日、場所はもちろん心斎橋ROCKROCKで21時から。1000円1ドリンク付きで遊べるので、終電までの時間で軽く一杯でも、最後までがっつりでも、ぜひ!

最新のインディー・ロックやオルタナティヴ・ロックのトレンドからそのルーツまで、しっかりプレイします。

Shakermaker201608

-------------------------------------------------
Shakermaker 〜Are you ready to ROCK?
8.26(FRI)
21:00〜
@music bar ROCKROCK
1000yen with 1drink
■DJ
TAISHI IWAMI / OHNO SHINSUKE

http://www.rockrock.co.jp/
------------------------------------------------


at 23:46|Permalink

2016年07月13日

LOVE the ROCK vol.3 PHOTO〜Floor,Bar,DJ

6月5日に梅田NOONで開催したShakermaker Presents〜LOVE the ROCK、先週からGLIM SPANKY、HAPPY、VANILLA.6のライヴ写真をアップしてきましたが、最後はフロアやバースペース、2階のショップやDJの様子を。

ご覧頂くと分かると思いますが、本当に多種多様な方々が、音楽の名のもとに集まることの素晴らしさを、強く感じることができた1日でした。それは我ながら仕掛けていることが正解なんだと正直思いつつ、まあそれは小さなことで。やはり自分が想像していた何倍ものエネルギーを持った人たち、それは出演者もお客さんも、そこなんだと、振り返りながら噛みしめています。GLIM SPANKYの松尾レミがMCで言った「仲間」ということの意味を、この先もしっかり突き詰めてやっていきます。次回開催も予定していますので、皆様、これからもどうぞよろしくお願いします。

IMG_4847
DSC_3026
DSC_2349
DSC_3010
IMG_5177
IMG_5174
IMG_5322
IMG_5364
IMG_5365
IMG_5306
IMG_5231
IMG_5272
IMG_5275
IMG_5292
IMG_5173
IMG_5168
IMG_5237
IMG_4901
DSC_2608
DSC_2604
IMG_5160
IMG_5192
IMG_4996
IMG_4983
IMG_5162
IMG_5098
IMG_4912
IMG_5373
IMG_5185
DSC_3063
DSC_3091
IMG_5386

では、また逢う日まで!

Shakermaker Presents〜LOVE the ROCK
代表:DJ TAISHI IWAMI
DJ:NAKAMURA KAZUMOTO
MC:MARK'E(FM COCOLO)
SHOP:POSEUR/dustbin/トムツジモト
VJ:KOJI SUGIMURA
STAFF:NAO/YUKO/YAE
SPECIAL THANKS:music bar ROCKROCK

at 19:42|Permalink

2016年07月12日

LOVE the ROCK vol.3 PHOTO 〜 GLIM SPANKY

6月5日に梅田NOONで開催したShakermaker Presents〜LOVE the ROCKのライヴ写真シリーズ、最後はトリを飾ってくれたGLIM SPANKYです。撮影は彼女たちの関西でのライヴを多く撮るMaco Hayashi。ここの繋がりもあって、今回は彼女に開場からDJもライヴも全編撮ってもらいました。

DSC_3429
DSC_3154
DSC_3267
DSC_3290
DSC_3542
DSC_3181
DSC_3126
DSC_3194
DSC_3357
DSC_3454
DSC_3475
(Maco Hayashi)

松尾レミの美しく妖しげな佇まいから発せられる強く渋いしゃがれ声、亀本寛貴が弾くロック然とした表情豊かなリフが炸裂する、一曲目の「ダミーロックとブルース」で張り詰めた緊張感に、誰もが痺れ圧倒されその場を動けなくなっているように見えた。強すぎる刺激がたまらない空気はそのまま2曲目「焦燥」へと流れ、サビで一気に大爆発。突き上げられた拳とダンスの波が起こる。

■GLIM SPANKY / ダミーロックとブルース


■GLIM SPANKY / 焦燥


聞く音楽や遊び方へのこだわりが強い人、なんとなく寄ってみた人、それぞれの出演者を目当てに来た人、イベントを楽しみに来た人、友達に会いに来た人、目的も背景も違う様々な人たちが、自由度の高い空間で交わっていく、”ロック・クラブ”という場所での幕開けに相応しいミステリアスなアンセム2連発。見事だった。

そこから「褒めろよ」「ワイルドサイドを行け」と疾走感溢れるお馴染の曲を続け、フロアのボルテージは最高潮に達した。そしてメロディーメイカー松尾レミを見せつける「話をしよう」へと流れる。剛〜柔へ、この大きく2つの力のコントラストでしっかり魅せることができることこそ、GLIM SPANKYの真骨頂だ。

そして松尾レミのMC、「音楽やそれにまつわるカルチャーを大切にしているこのイベントにずっと出たかった」から、「私たちはたまたまステージにいるけど、降りたら同じ音が仲間」という言葉。前者は当事者である我々にはこの上ない言葉であり、そこに集まった人たちへの敬意であり、音楽やファッション、映画や文学、様々なカルチャーの繋がりや背景を大事にして曲を作り、歌を歌っていきたいという彼女自身のメッセージでもある。そのうえで、後者の思いはきっと多くの人の心に響いたはずだ。そして最後はライヴの終盤の定番であるアンセム・バラード「大人になったら」で大団円。

■GLIM SPANKY / 大人になったら


アンコールにもばっちり応えてくれて、たっぷり1時間のステージ。昨年はフジロックフェスティバルのレッドマーキーを湧かせ、赤坂BRITZワンマンをソールド・アウト、今年に入って映画『ONE PEICE FILM GOLD』や『少女』(主演:本田翼/山本美月)の主題歌担当にも抜擢され、10月の東京ワンマンは新木場STUDIO COASTと、音楽業界全体レベルで今最も勢いのある新人バンドだけに、このキャパで見ることができた人はラッキーだったのではないでしょうか?

―セットリスト―
ダミーロックとブルース
焦燥
MIDNIGHT CIRCUS
ワイルドサイドを行け
褒めろよ
話をしよう
grand port
Flower Song
NEXT ONE
怒りをくれよ
大人になったら
〜アンコール〜
時代のヒーロー

そして7月20日には上記映画主題歌含む2ndアルバム『Next One』がリリースされます。先に聞かせてもらったのですが、爆走するパワフルなロックあり、摩訶不思議で優美なサイケあり、ぶっといダンスビートあり、そして全て歌メロ抜群全曲シングル切れる勢い。これぞロック新時代の幕開け。あえて引き合いに出して言います。2010年代の『Morning Glory』だと。

■GLIM SPANKY / 怒りをくれよ

(TAISHI IWAMI)

at 20:45|Permalink
REGULAR EVENT
s92k
Shakermaker

心斎橋ROCKROCKにて12年間、毎月休まず開催しご愛好いただいたShakermakerは、2016年いっぱいでレギュラー開催を休止しました。また大きくなって帰ってきます。そのとき会いましょう!