2016年03月02日

ハルカトミユキ@梅田AKASO

自分のDJ情報や媒体へのライティングのお知らせ以外にも、書きたいことは山ほどあって、このブログこそ、僕がなんでも言える場なんだけどなかなか手が回らず、書くべき時期を過ぎてしまう。そんな毎日ですが本日はライヴの感想を。

2月20日土曜日、ハルカトミユキのワンマン・ライヴ@梅田AKASO。彼女たちは、SNSでもここでもでも、最も多く記しているアーティスト。2014年にスランプに陥り、2015年見事に復活。その姿に心打たれ、熱心に追いかけている。

会場に入ると、David Bowie「Space Oddity」、エレファントカシマシ「今宵の月のように」といったオルタナティヴで濃厚な色気を放つナンバー、宇多田ヒカル「Flavor of Life」、One Direction「Story of My Life」といった実は2人らしい、ポップで煌びやかかつ、情緒深いナンバーが流れていた。実に明快なセレクトが心地良い。

そしてステージが幕を開ける。大きく言うと、前半はじっくり聴かせ、オーディエンスをその世界観に引きずり込み、後半はダンサブルなナンバーや激しく肉体的なナンバーで躍動しフロアのムードを引っ張る、2部構成のようなイメージ。「ありがとう」といった類のシンプルで心のこもった挨拶や曲のタイトル以外、MCはなし。2つの対照的な力を、音を発すること、歌を歌うことで発揮することのみに集中し、そのパフォーマンスは圧倒的な高みへと昇華していく。

サポートメンバーの演奏も素晴らしい。ロック然としたハードなサウンド、中毒性の高い轟音、ビッグなスタジアム級のパワフルな演奏、空間的な優しい音色、ギター・アレンジの緩急にはこれまで以上に目を見張るものがあった。そしてそれは、ベースのストイックで安定感のあるプレイがあってこそのもの。ドラムの中畑大樹は、サポート・メンバーという枠では語れない、なんというか、音と音とのぶつかり合いがあってこそ生まれるバンド内の絆がグル―ヴとなって、フロアを完全掌握するエネルギーの核となっていた。

個人的には、ハルカトミユキにがっつりロックされた「マネキン」、観てみたいと思っていた「プラスチック・メトロ」、なんとなく演奏しないと思っていた最新ミニ・アルバム『LIFE』収録の名曲「September」を体感できたことも嬉しかったのだが、最も印象的だったのは「肯定する」だ。

ハルカの詞は一貫してエモーショナルで生々しい。なので、”言葉遊び”という表現は不適切かもしれないが、ある種の美化や、知的アレンジが持ち味であることも確か。しかし、この曲ではそういった要素を捨て、不器用なままに吐き出される「肯定する」、「命」という言葉が、類稀なるメロディー・センスに乗って輝く。このとき、物理的な動きではなく、ここでしか味わうことのできない、自分も含めフロアにいる人々が心と心でつながったような一体感を感じた。



そして、ミユキの存在感もまた際立っていた。楽曲の緊張と解放を誰よりも体現する動きに踊り出さずにはいられない。とりわけ後半のニュー・ウェーヴ色が強い曲に分かりやすく表れる、キーボード・アレンジのアイデアからは、貫録すら感じる。彼女の80'S好きたる側面は、観るたびに、聴くたびに深化する。そのポテンシャルがこれからどのようにバンドに影響を及ぼしていくのか、楽しみで仕方がない。



終演後、物販ブースに走り、ひとりひとりに挨拶をする2人。来てくれたお礼とともに次なる約束を交わし、それに見合うよう腕を磨く。昨年から繰り返し行ってきたことを引き続き継続している。僕もDJだから少しだけ分かるんだけど、しょうもないことしたと思っていたら、本当に出て行き辛い。皆の前で心からの笑顔を見せるにはやりきるしかない。やりきらなきゃ成立しない場が、ハッピーな空気に満ちていたことが、この日の結果の全てだと思う。

唯一のカリスマ性を持つギター・ヴォーカリストと、アイデアの宝庫と言えるキーボーディスト。2人の地べたを這ってでも伝えんとする魂の叫びと、ロックの世界がずっと待っていた輝きを放つスター性はまだまだ更新中。7月にはアルバムをリリース、9月には再び大阪にも帰ってくる。そして昨年の奇跡から1年を経て日比谷野音にも。まだ見ぬ人にもぜひチェックしてもらいたい。

ハルカトミユキ・オフィシャル・ホームページ



(TAISHI IWAMI)







at 11:58|Permalink

2016年02月26日

Shakermaker on 2.26

この前にアップしたDJセットリストの記事、多くのアクセスありがとうございます。なぜその曲をかけたのか、理由はそれぞれにあるんですが、結局は現場の空気ありき。それでも、少しでも僕がやっていることが伝わればと思い綴った次第です。気になった方でまだ見ぬアナタとも、どこかの会場で会えるといいな。

そして本日2月26日は心斎橋ROCKROCKにてDJ。ここが僕のホームです。毎月第4金曜日恒例のShakermaker。UKロックや世界のインディー・ロックを中心に選曲します。どうぞよろしくお願いします。

Shakermaker

-----------------------------------------
Shakermaker
2月26日金曜日
21時〜翌5時
@心斎橋ROCKROCK
入場1000円1ドリンク付
DJ:TAISHI IWAMI / cabbage boy

http://www.rockrock.co.jp/ 
------------------------------------------



(TAISHI IWAMI)



at 19:18|Permalink

2016年02月23日

Getting Better20周年〜Freak Scene

getting

先週末20日土曜日は、北堀江club vijonにて、Getting Better20周年大阪編でした。僕は数年前からスケジュールが空いていれば手伝う準レギュラーだったのですが、昨年末よりレギュラーで入ることにしました。理由は主宰の片平実が、そこに集まるロックが好きな人たちが好きだということだけ。その集大成、そして新しい1歩と呼ぶにふさわしい最強のフロアの中でDJができて、本当に嬉しい。今後ともよろしくお願いします。

21日日曜日は神戸太陽と虎にてFreak Scene。Great SpiritsとW.K.T.K SYNDOROMEという若手2バンドが手掛けるパーティーに、HAPPYやSeussとともにゲスト出演してきました。まあ、HAPPYやSeussも十分若手なんですが。神戸のロックやインディー・シーンは、そこにしかないクールで自由なヴァイヴスがたまらない。

よく「DJのセットリストください」と言われるのですが、選曲は毎回その場で決めているのでなかなか覚えていない。しかし、今回のように短い時間の少ないセット数であれば、ちゃんと意図を持ってやれていれば辿れるのです。加えて今回はかけたCDやレコードを片づける用のケースを用意したので間違いないかと。

■2月21日FREAK SCENE@神戸太陽と虎

−1回目(opening)−
G. Love & Spacial Sauce / Stepping Stones
Primal Scream / Loaded
Vampire Weekend / Step
Flaming Lips / Yoshimi Battles The Pink Robots
Blur / Tender
DJ Shadiw / Six Days

~Seussのステージへ

−2回目−
Elvis Presley / Jailhouse Rock
Bill Haley & His Comets  / Rock Around The Clock
Beastie Boys / Root Down
A Tribe Called Quest / Can I Kick It
Jurassic 5 / Break
Suchmos / YMM
Stevie Wonder / Superstition
The Beatles / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
Sex Pistols / Anarchy in The UK

~HAPPYのステージへ

■2月20日Getting Better 20周年@北堀江vijon
Dragon Ash / Fantasista
SiM / Blah Blah Blah
Ellegarden / Space Sonic
Hi-Standard / Stay Gold
Rancid / Time Bomb
The Clash / I Fought The Law
The Strokes / Juicebox
[Alexandoros] / Kick & Spin
Read Hot Chili Peppers / By The Way
Primal Scream / Rocks
The Beatles / I Want to Hold Your Hand
Jackson 5 / I Want to You Back
毛皮のマリーズ / 愛のテーマ
Yogee New Waves / Climax Night
HAPPY / Lucy
Ykiki Beat / Forverever
Lou Reed / Walk on The Wild Side(小林要司弾き語り入場)

気になった方がいらっしゃれば、また現場でお会いしましょう!僕の次のDJは2月26日、ホームの心斎橋ROCKROCKで第4金曜日に開催しているShakermaker。この日はUKロックや世界のインディー・ロック寄りの選曲をします。


Shakermaker

-----------------------------------------
Shakermaker
2月26日金曜日
21時〜翌5時
@心斎橋ROCKROCK
入場1000円1ドリンク付
DJ:TAISHI IWAMI / cabbage boy

http://www.rockrock.co.jp/ 
------------------------------------------



(TAISHI IWAMI)


at 16:07|Permalink

2016年02月10日

The Well Pennies『Endlings』

The Well Pennies

LAを拠点に活動するBryanとSarahの夫婦デュオ、The Well Penniesが2015年にリリースしていた1stアルバムの国内盤が、国内屈指のレコード店でありレーベルも運営するFLAKE RECORDSより登場。

2人のヴォーカル/ハーモニーとギター1本、フォークやカントリーの温もりを直に感じ取ることが出来る、ナチュラルな曲たち。そして、素材本来の魅力を引き立てるように、ソフトなリズム隊や優美なストリングスなどが重なり、眩いメロディーはより輝きを増す。季節の趣を鮮やかに彩る、ハッピーでポジティヴなエネルギーを強く感じる作品。

■The Well Pennies / Drive


(TAISHI IWAMI)


at 08:16|Permalink

2016年02月09日

BAYCAMP出演を終えて

2月6日土曜日、私TAISHI IWAMIは、神奈川県川崎CLUB CITTA'で開催された毎年恒例のフェス、BAYCAMPの冬編に出演してきました。DJとしてフェスに行くのは初めてで(DJでもMCでもそれに近いイベントはいくつかありましたが)、普段はお客として遊びに行くか、ライターとして、アーティストの取材に行く場なので、なんだか不思議でした。

僕より早い時間に、その日一番の見事なプレイを披露して、いいプレッシャーをくれたDJマイケルと1枚。

Baycamp

で、僕のプレイはというと、自己評価では良かったところも悪かったところもあった。はまった瞬間も外した繋ぎも。まあそれは常に思うことで、気持ちは込めたし意味をもって曲を選んでいけた。当たり前のことですが。なので後は、誰かが少しでもいい感情を持って帰ってくれていたならと思うばかりです。わざわざ観にきてくださった皆様、少しでも足を止めてくださった皆様、本当にありがとうございました。

DJブースが高い位置にあって、一人一人のことがよく見えて、すごくいろんな気持ちを噛み締めた。DJパーティーは、お客さんが主役。アナタがフロアの主役になって、なろうとしていいんです。毎日がハロウィンというか、仮装してこいって話じゃなくて、そんな感じ。そういう意味でのヴァイブスが凄く良かった。昼間からの長丁場によるナチュラルハイというかカオスというか、独特のムード立ち込める中、曲を真正面から受け止める方、お酒のあてにしているであろう方、思い思いに楽しむ方々の姿。それがフェスらしいのかどうか、初めての僕にはわからないけれど、めちゃくちゃ痺れた。

ターンテーブルを楽器の様に使ったり、オリジナル曲をプレイしたりするのではなく、あくまで既存の曲をセレクトするDJとしての、僕のスタンス。凄く分かりやすい例え、DJがかけたMichael Jacksonの曲を完璧に踊るお客さんがいて、盛り上がってきたところで、DJがその曲をなんとなくでも自分のMIX都合でも、切ってしまったら、ほとんどの場合「おい、空気読めよ」って雰囲気になると思う。もうそこでMichael JacksonをセレクトしたDJのセンスはどこかにいってるわけ(笑)。それって実に面白い。いつでもお客さんが主役ということ。僕だって、遊びに行ったら、その日の客で一番かっこいい奴になりたいから。

DJがステージに立つ者として、勝負できるのはそこの雰囲気作り。お客さんがいて、フロアから発せられるなにかがあって始めてDJカルチャーなんです。そう考えると、たかがDJされどDJ、めちゃくちゃセンスが必要で、その追及が面白くてやっています。後はやはり、自分が脚光を浴びたい気持ちもあるな正直(笑)

そして今回、大阪に住む僕をわざわざ呼んでくれたBAYCAMPとFREE THROWも、会場で直接礼は言っていますが、その攻撃的なアティチュードを知ってもらいたいので、この場でも敬意を表します。

では、プレイした曲のいくつかのMVを紹介しておきます。またいつか、会いましょう!

■ELLEGARDEN / Space Sonic


■Underworld / Bron Slippy .Nuxx



■LCD Soundsystem / North American Scum


■Yikiki Beat / Forever


■ハルカトミユキ / マネキン


(TAISHI IWAMI)


at 11:28|Permalink

2016年02月05日

BAYCAMP

2月6日土曜日、DJ TAISHI IWAMIが神奈川県は川崎CLUB CITTA' で開催されるフェス、BAYCAMPに出演します。15時からオールナイトでぶっ通し、TAISHI IWAMIの出演時間は0時10分からの40分間です。遊びに行かれる方はぜひ!

IMG_20160204_191242


イベント詳細は以下からどうぞ。

http://baycamp.net/






at 22:52|Permalink
REGULAR EVENT
s92k
Shakermaker

心斎橋ROCKROCKにて12年間、毎月休まず開催しご愛好いただいたShakermakerは、2016年いっぱいでレギュラー開催を休止しました。また大きくなって帰ってきます。そのとき会いましょう!