2016年07月12日

LOVE the ROCK vol.3 PHOTO 〜 GLIM SPANKY

6月5日に梅田NOONで開催したShakermaker Presents〜LOVE the ROCKのライヴ写真シリーズ、最後はトリを飾ってくれたGLIM SPANKYです。撮影は彼女たちの関西でのライヴを多く撮るMaco Hayashi。ここの繋がりもあって、今回は彼女に開場からDJもライヴも全編撮ってもらいました。

DSC_3429
DSC_3154
DSC_3267
DSC_3290
DSC_3542
DSC_3181
DSC_3126
DSC_3194
DSC_3357
DSC_3454
DSC_3475
(Maco Hayashi)

松尾レミの美しく妖しげな佇まいから発せられる強く渋いしゃがれ声、亀本寛貴が弾くロック然とした表情豊かなリフが炸裂する、一曲目の「ダミーロックとブルース」で張り詰めた緊張感に、誰もが痺れ圧倒されその場を動けなくなっているように見えた。強すぎる刺激がたまらない空気はそのまま2曲目「焦燥」へと流れ、サビで一気に大爆発。突き上げられた拳とダンスの波が起こる。

■GLIM SPANKY / ダミーロックとブルース


■GLIM SPANKY / 焦燥


聞く音楽や遊び方へのこだわりが強い人、なんとなく寄ってみた人、それぞれの出演者を目当てに来た人、イベントを楽しみに来た人、友達に会いに来た人、目的も背景も違う様々な人たちが、自由度の高い空間で交わっていく、”ロック・クラブ”という場所での幕開けに相応しいミステリアスなアンセム2連発。見事だった。

そこから「褒めろよ」「ワイルドサイドを行け」と疾走感溢れるお馴染の曲を続け、フロアのボルテージは最高潮に達した。そしてメロディーメイカー松尾レミを見せつける「話をしよう」へと流れる。剛〜柔へ、この大きく2つの力のコントラストでしっかり魅せることができることこそ、GLIM SPANKYの真骨頂だ。

そして松尾レミのMC、「音楽やそれにまつわるカルチャーを大切にしているこのイベントにずっと出たかった」から、「私たちはたまたまステージにいるけど、降りたら同じ音が仲間」という言葉。前者は当事者である我々にはこの上ない言葉であり、そこに集まった人たちへの敬意であり、音楽やファッション、映画や文学、様々なカルチャーの繋がりや背景を大事にして曲を作り、歌を歌っていきたいという彼女自身のメッセージでもある。そのうえで、後者の思いはきっと多くの人の心に響いたはずだ。そして最後はライヴの終盤の定番であるアンセム・バラード「大人になったら」で大団円。

■GLIM SPANKY / 大人になったら


アンコールにもばっちり応えてくれて、たっぷり1時間のステージ。昨年はフジロックフェスティバルのレッドマーキーを湧かせ、赤坂BRITZワンマンをソールド・アウト、今年に入って映画『ONE PEICE FILM GOLD』や『少女』(主演:本田翼/山本美月)の主題歌担当にも抜擢され、10月の東京ワンマンは新木場STUDIO COASTと、音楽業界全体レベルで今最も勢いのある新人バンドだけに、このキャパで見ることができた人はラッキーだったのではないでしょうか?

―セットリスト―
ダミーロックとブルース
焦燥
MIDNIGHT CIRCUS
ワイルドサイドを行け
褒めろよ
話をしよう
grand port
Flower Song
NEXT ONE
怒りをくれよ
大人になったら
〜アンコール〜
時代のヒーロー

そして7月20日には上記映画主題歌含む2ndアルバム『Next One』がリリースされます。先に聞かせてもらったのですが、爆走するパワフルなロックあり、摩訶不思議で優美なサイケあり、ぶっといダンスビートあり、そして全て歌メロ抜群全曲シングル切れる勢い。これぞロック新時代の幕開け。あえて引き合いに出して言います。2010年代の『Morning Glory』だと。

■GLIM SPANKY / 怒りをくれよ

(TAISHI IWAMI)

at 20:45│ PARTY REPORT 
REGULAR EVENT
s92k
Shakermaker

心斎橋ROCKROCKにて12年間、毎月休まず開催しご愛好いただいたShakermakerは、2016年いっぱいでレギュラー開催を休止しました。また大きくなって帰ってきます。そのとき会いましょう!