2017年03月27日

SUNNY SUNDAY SMILE、ありがとうござました

先日3月25日に開催したSUNNY SUNDAY SMILEで、私TAISHI IWAMIはレギュラーDJを辞めました。

開催場所の京都METROは、学生時代からの憧れのクラブ。駅階段にできた行列に、ワクワクしながら並んでいたことを思い出すと、そこで毎月か隔月ペースで、5年以上もDJしていたは今でも不思議な感じでめちゃくちゃ幸せ。


だから本当は全然辞めたくないんです。今年に入り、住まいを大阪から東京に移し残した、唯一の関西での拠点。辞めるメリットはひとつもない。だけど、いろいろと考えることがあって、メンバーにわがままを受け入れてもらいました。


SUNNY SUNDAY SMILEは我ながら良いパーティだと思います。音楽と人とクラブの距離がナチュラルに近付くことや、もういろんなことがどうでもよくなるくらいの、深夜帯〜朝方のエクストリームなフロアが、どれほど素晴らしいか僕は知ってる。というか、僕が人生語れるとしたらそれしかないんで。だから、ライブやDJやフードにアート、そのきっかけになる要素はなんでも詰め込んで、とことん欲張って最高の空間を作ってやろうと、そういう思いでやってきました。そしてそれが実現できる最強の場所がMETROだった。


そしてなにより、遊びに来てくれる人たちの豊かな感性に恵まれたおかげです。このパーティに一度でも来てくれた人は知っていると思います。面白かった、つまらなかった、イケてる、イケてない、それぞれに感想はあると思うのですが、フロアには多くの人が踊る姿、笑う姿、それが毎回最後の最後まであったことを。ゲストで出てくれたバンドのメンバーやDJも、ほとんどみんなが、箱のこととお客さんのことを絶賛する。それが誇らしかった。

METROが、そこに集まる人たちが、本当に好きで好きで仕方がないので、必ず戻ってきます。必ずです。そのときは、仲間に入れてくださいね。そしてこれからも、SUNNY SUNDAY SMILEをよろしくお願いします。


ひとまず、本当にありがとうございました。

KIMG0256
1490624256043

最後のDJセットリストです。選曲はその場で決めて、記憶と片付けたバッグの中身を合わせて作るので、間違っていることもあるのですが……、1回目はあってると思います。2回目はちょっと怪しい。

ゲストライブのDATSが、静と動の緩急で揺さぶるビートのフィジカルが強いパフォーマンスを披露していたので、そのまま受け継ぐかどうするか考えていたところで、METROのオーナー、ニックさんが僕のバースデーをやろうとブースに、お客さんへの振る舞いシャンパンを持ってきてくれた。初めてじゃないかな。ニックさんがそうして出てきてくれたのは。だったらここは頭からガツンと盛り上げてやろうという深夜1時40分。

<1:40〜2:30>
1.Chance the Rapper ft. 2 Chainz & Lil Wayne / No Problem
2.Dizzee Rascal / Bonkers
3.Major Lazor feat. Elliphant & Jovi Rockwell / Too Original
4.Primal Scream / Rocks
5.Blur / Song2
6.Gossip / Standing In The Way Of Control
7.Kasabian / You'er In Love With a Psycho
8.Formation / Pleasure
9.Soulwax / The Singer Has Become A Deejay(リンク先はアルバムの告知映像です)
10.The Rapture / House Of Jesus Lover
11.Radiohead / Idioteque
12.AJ Tracey / Buster Cannon
13.Grimes / Kill V. Maim
14.Beastie Boys / Check It Out
15.Kula Shaker / Hush
16.Chuck Berry / Johnny B. Good
17.
The Libertines / Don't Look Back Into The Sun

OUTATBEROのライブが凄まじかった。深夜に嵐の海に深く潜るような、カオティックな世界。そこからDJ IWASAKI SHINが再びフロアの景色を明るく彩り、見事なコントラストでクラブの醍醐味を体現してくれた流れを受けて。

<3:30〜4:00>
18.Beck / Loser
19.Oasis / Wonderwall
20.ORIGINAL LOVE / 接吻
21.小沢健二 / ラブリー
22.Anderson .Paak / Come Down
23.Alabama Shakes / Don't Wanna Fight
24.The Smith / This Charming Man
25.Chuck Berry / Roll Over Beethoven
26.
THE HIGH LOWS / 青春

DJ OHNO SHINSUKEが締めのDJ中に「3曲かけて」と。Kasabian「eez-eh」で渡されて。

<4:40〜4:50>
27.Suchmos / Stay Tune
28.The Beatles / I Want To Hold Your Hand
29.
DYGL / Let It Sway

<Ending>
30.ハルカトミユキ / 春の雨

一晩でたった30曲。メンバーみんな合わせて150曲に満たない。ルーツも今もしっかりかけて未来になにかを残したいなんて大それたこと言ってますが、1曲1曲が本当に重いから、燃えるように熱い思いを込めています。それを受けてくれなんて思いません。本当に。ただ楽しかった、なんかいい音楽浴びた気がする、なにかしら良い感情を持って帰ってくれていたら、それ以上のことはありません。すべてはそのため。音楽的に訴えたいこともその要素のひとつに過ぎない、でもやる側としては絶対的に大切なこと、そんな感じです。

では、自分のレギュラーパーティーはこれでいったん無くしたのですが、本当に、また帰ってきます。DJ予定はちょこちょこあるので、またどこかで会いましょう。そして、またそう遠くないうちに、何かを仕掛けるその日まで、待っていてもらえたら幸いです!



at 11:04│ PARTY REPORT 
REGULAR EVENT
s92k
Shakermaker

心斎橋ROCKROCKにて12年間、毎月休まず開催しご愛好いただいたShakermakerは、2016年いっぱいでレギュラー開催を休止しました。また大きくなって帰ってきます。そのとき会いましょう!