CLUB HISTORY

2017年05月25日

ロック・クラブ体験記◆鼠粒據λ楽後編

前編では僕がクラブに通い始めた1990年代後半〜2005年までのロック・クラブにおける洋楽と邦楽のかかり方について書きましたが、今回はその後編。

前編はコチラ

「2010年以降状況は激変。それは良いことではなかった」と締めての続き、何が良いことではなかったのか?それは当時僕が拠点にしていた大阪のクラブが「店が客に無許可でダンスをさせてはいけない」という風営法の元、次々と警察による取り締まりを受けることになるのです。

今は改正されましたが(それでも問題は残っている)当時の風営法に基付いて簡単に説明すると「一定の条件を満たしたナイトクラブは許可を取って初めて深夜1時までなら客にダンスをさせてもよい」ということなので、そもそもオールナイトでガンガンやっている場所は基本的に違法、許可が取れていないならいつ何時も違法という理屈です。

そして同法によって摘発を受けた梅田は中崎町のクラブNOONの元店長金光氏は裁判を起こしました。僕も風営法について学びながら傍聴にも通いました。結果は勝訴。NOONがやっていたことは風営法によって取り締まられるものではないということになりました。NOONに警察が入ったのは2012年、この結果が出たのは2016年のことです。

風営法に対する思いはTwitterなどでもずっと発信してきたのですがまたいずれまとめたいと思います。ではこの間に大阪のロックがかかるクラブ・パーティの状況はどう変わったのか?まず代表的なパーティがほぼ全てそれまで通りには開催できなくなりました。NOONでのPUBLIC CAFE、KARMAでのCLUB SNOOZER、ROCKETS〜LUNA CLUBのGROOVER、ATLANTIQS〜TriangleのFREE AGAINなど。僕がDJをしていた心斎橋ROCKROCKはまたちょとニュアンスが違うヴェニューなのでパーティは変わらず続けていましたが、あくまでバーのBGMというスタンスで音量などを考えてやっていました。最も大変なのは店。みんないろいろと心苦しさもありながらだったと思う。それぞれのDJがやり方を模索する時期に入ります。

そしてロック・クラブが好きだったお客さんの遊び場が激減する。そういったパーティをモデルに自分たちも何か始めてみようという意欲ある若者もほとんどいなくなった。のべ相当な数の人が動いていたのでそこいらのメディアよりも音楽の発信地としての影響力も強かった。僕もそう。読み物も好きだけど、単純に音源の情報となると90%は街の専門レコード屋さんとクラブだったからもうどうしていいやら。

と苦しいこともありましたが、近年は上記に挙げたパーティやそこにいたDJも、また新たな形を作って走り出しています。それぞれに考え方や方針があるのであとは現場に足を運んでみてください。ロックやポップ・ミュージックのことを知りたければめちゃくちゃ楽しいから。また単純に難しいこと抜きに音の鳴る場で夜通し遊ぶとスカッとするので。

前置きが長くなりましたが、テーマの洋楽・邦楽に戻します。クラブがそんな状況の中、クラブとは関係のないところから新たに出てきた流れがありました。それは今のROCK IN JAPANに代表される日本のアーティストのみが出演するフェスやライヴハウスからの影響で出てきたDJです。

そこには様々なスタイルがあります。出所はそこでも洋楽にシフトを置いたパーティも、”洋楽も”かかるパーティもあれば、”邦楽ロックDJ”、”邦楽ロック専門イベント”なども出てきました。邦楽中心でもそうは打たない人もいます。フェスの疑似体験的なことを打ち出すパーティもあれば、自分たちの地元のシーンを作るようなイメージでやっている人もいます。

といった感じで一概には括れないんですが、クラブ初のDJが洋楽邦楽にボーダーを引かないことに対し、邦楽を意識するDJが増えたことは間違いない。

そして、クラブとフェス/ライヴハウスは根本的に楽しみ方が違うので、DJのプレイスタイルやパーティに対する考え方に差もあります。ざっくり言えばクラブはそこに音が”ある”ことが楽しみ。フェスやライヴハウスはラインナップの中心がバンドにあるので”観る”ことが楽しみ。そこでDJはバンドと同じ”アクト”なのかバンドとバンドを繋ぐ役割になるのか。基本的にクラブ発のDJにそういう概念はありません。

だから両者がクラブでもライヴハウスでもいいんですが、同じ時間帯同じ場所でDJだけでパーティをやっても異質のものになる。基本的に長時間のプレイで選曲を練り波を作って場所の雰囲気を作るクラブのレジデントDJと、短いワンセット全力投球型で爪痕を残さんとするフェスやライヴハウスのDJということ。僕が後者のパーティに初めて行った時はDJ、お客さんの音楽に対するひたむきさとパワフルさにびっくりしましたが、正直疲れた(笑)

では、クラブ出身のDJとフェス/ライヴハウス出身のDJの関係性はどうなのか。互いに全く共感できない、互いをリスペクトしている、互いの存在すら認識していない、認識はしているけど興味はないなど様々です。両方を行き来するDJも多くいる。双方の雰囲気を知っているからこそのボーダレスでオリジナルなパーティもある。

では僕が2010年以降のフェス/ライヴハウス出身のDJたちに出会わなければ知らなかった、もしくはそこに行かなければフロアでの楽しみを知らなかったナンバーを紹介。断わっておくと、あくまで僕がそこで体験したという話でアーティストの意向や方向性とはなんら関係はありません。

■夜の本気ダンス / WHERE?


この曲はまじでビビった。震えた。僕の視点からは新人類。そのパワーを感じた。

■Czecho No Republic / No Way


武井 優心と山崎正太郎が在籍していたVeni Vidi Viciousは知っていたのですが、繋がらなかった。インディーな香りもするしメロディがきれいだし、あろそうでなさそうな感覚が好きです。そして自分もよくかけるように。

■ストレイテナー / KILLER TUNE


ストレイテナーは元々めちゃくちゃ好きだったのですが、自分が通うクラブではかからなくてたまに自分でかけるくらいだったから、いい流れでかかった時に何かを取り戻すように爆踊りした。

といった感じ。結局自分の周りでは「こういうことがあったよ」という本当に体験記なだけで、何が言いたいのか分からなくなってきましたが、まさかクラブとは別のところからクラブに行ったことがないDJがぼんぼん出てくるなんてそれ以前は思ってもいなかったので、この先はどんなことが起こるのか楽しみだということ。

ただひとつ苦言を言うとすれば、前編の冒頭でも軽く触れましたが、みんな思いを持ってやっているのは分かるのですが、僕は洋楽邦楽という分け方自体が苦手。DJが”邦ロック・セット”とか”邦ロック・イベント”という言い方をするのは嫌だな。ちなみにクラブDJで洋楽DJとか洋楽セットと言う人には会ったことがない。多くの国内アーティストのみのフェスで、フィジカルでビートが単調で即効性が強く目に言える一体感や盛り上がりが大きい音楽を”フェス向け”と提示するのも苦手。フジロックやサマソニや世界のフェスじゃそれは概念のごく一部。もしくは通じない。

なぜ嫌なのかと言うと、そこに日本人としての強みや音楽や文化的なにおいを感じないんです。だから”邦ロックって何?”と聞かれても面白い説明ができない。日本にロックはあっても”邦ロック”という音楽は存在しない。ロックなんだからいつだって世界の中で輝ける可能性がある。なのにただ日本人というだけのポリシーなき括りはネガティヴな鎖国になっちゃう。

セレクターは発信者。ちょっと角度ややり方を変えれば、もっと音楽的に豊かな広がりを持てる可能性は、みなさんの方が僕なんかより全然あると思う。実際いろんな音楽に出会わせてもらったし。だからあえて言わせてもらいました。

ロックンロールにはDJには素晴らしい未来があります。では。


at |Permalink

2017年05月24日

ロック・クラブ体験記◆鼠粒據λ楽前編

90年代後半からロックが鳴るクラブで遊びDJも始め今日までのクラブ体験記を定期的に書いていく予定(あくまで予定)だとお伝えして公開した第1回目の記事(コチラです)が、思いのほかアクセスがよくびっくりしています。

2回目はロックが流れるクラブにおける”洋楽・邦楽”について。僕は昔からその分け方自体反対。ちなみにかつて働いていたレコード店は”邦楽””洋楽”という呼び方は禁止。ROCK&POPS、SOUL、JAZZといったジャンル分けプラス日本の音楽については”Domestic(国内の)”と言わなきゃいけなかった。「結局分けてるやん」という突っ込みがきそうですが、根本的に違うんです。まず”洋楽(外のもの)”という概念がない。日本の音楽もアメリカもイギリスも世界の中の音楽。日本のショップだから日本の音楽に特化した売り場は作っておこう、というイメージ。

話を戻して、僕が体験したロック・クラブと洋楽と邦楽について。ナイトクラブは基本的に洋楽文化。もともとクラブもロックも西洋から入ってきたもの。絶対数も刻んできた歴史も違うしスタイルも多様だから、楽しい空間を作るとなると洋楽のレコードをディグするのも必然。だから僕がDJをやり始めた90年代や2000年代前半は、初めて遊びに来た人が不意にかかった日本の音楽を耳にすると「へぇ〜日本のもかかるんだ」と言う。それがひとつの基準。そして「日本のロックはありかなしか?」という話は周囲も含めよくしていたように思う。基本ずっと英語が大音量で流れていると、日本語や日本人が発音する英語って目立ってしまうんです。

結果としては”全然あり”。結局線引きはそこじゃなかった。洋邦というよりは、世界中のロックの中からイケてるインディペンデントな曲をかけること。かっこいいかダサいか、そこで線を引こうという結論に大抵は至っていた。

それでだ僕が遊びに行っていた大阪のクラブで2000年代前半くらいまでをひとつの目途に、DJが好んでかけていた日本のロックを何曲かご紹介。こうして挙げようとすると絞るのが大変なくらい出てくるのですが、現場で鳴っていた割合的にはシーン全体の1割にも満たないと思います。前の記事でも書いたCLUB FLATtでのROCK'2'ROCKやCLUB ROCKETSでのGROOVERはほぼゼロだったし。あと僕はほとんど通っていなかった大きな流れとして、メロディック・パンクやラップ・メタルなど所謂アメリカのハードコアやヘヴィー・メタルがルーツの所謂”ラウド”なパーティがありました。そこではもっと違っていたと思います。

■Fipper's Guitar / Groove Tube


■Flipper's Guitar / Goodbye Our Pastel Badge



フリッパーズだけ2曲。僕がちょうど中学に上がったくらいの頃、初めて自分の意思でレコードを買ったアーティストだから。あと一つ目の映像はまさにイカしたパーティです。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / キャンディハウス


■Hi-Standard / Stay Gold


■Ron Ron Clou / The Golden Country


■くるり / ワンダーフォーゲル


■Supercar / Lucky


■スピッツ / スパイダー


などなど。僕自身は日本の音楽を多くかけていた方だと思います。前述したように、洋邦で分けている感覚はありませんが。2005年くらいからは自分が面白いと思う国内の音楽が減った(シーンというより自分の気分とアンテナの問題だと思う)のとアメリカとイギリスのインディー・ロックが超面白かったので、2010年くらいまではほぼ全くと言っていいほど国内の音楽をかけていませんでしたがスタンスは変わらず。

しかし、この後状況が激変していきます。それは我々にとって決して良いことではありませんでした。

ではまた次回。

後編はコチラから


at |Permalink

2017年05月23日

ロック・クラブ体験記 船櫂好函Ε僖鵐編

僕がロックンロールが流れるクラブで遊び始めたのは1990年代後半。10代前半からロックは好きだったのですがDJと言えばヒップホップ、スクラッチというイメージしかなく(それはそれで興味はあったのですが)、初めて行った時の目の前の景色が一気に明るくなった感覚は今でもはっきり覚えている。

ビートルズ、マンフレッド・マンといったUKのビート・バンド、チャック・ベリーやウィルソン・ピケットなどのロックンロール/R&B/ソウル、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドやドアーズ、そしてオン・タイムのオアシスやブラーなんかもかかっていた。と分かったようなこと言ってますが今挙げたのが当時の自分が知る限り。まだ若かったしかかっているほとんどは知らなない曲。だけど楽しくて楽しくてずっと踊っているかお洒落でかわいい女の人たちを目で追い掛けてた(笑)

あれから20年が経った。せっかくだから自分の目に映ったロックが流れるクラブについて、何回かに分けて順を追って書いていこうと思う。ちゃんと現在まで辿りつけるか、ゴールは全然見えていませんが仕事じゃないんで見切りでいいでしょう(笑)。そしてあくまでも僕の目から見た話、僕が体験した話です。俯瞰で正しく歴史を綴ったものではありませんのでご容赦を。

僕が思うロック・クラブの魅力とは。音楽が大音量で流れていてなんだかイケてる香りがする興味をそそる空間で、自由に遊べるということ。飲むもよし踊るもよし仲間作るも一人で没頭するもよし、DJはイカした楽しい空間を演出するべく場の雰囲気を見ながら選曲・グルーヴを練っている。かかっている曲や場所やお客さんの雰囲気が相俟って新しい感性の扉が開くんです。

そんななか、僕が”クラブに行かなければ出会わなかったかもしれない音楽”といえば1970年代後半から1980年代のニュー・ウェーヴ/ポスト・パンク。ざっくり言うと1970年代のパンク以降生まれた新しい音楽の流れ。様々なスタイルのサウンドがありますが、ここでは僕がクラブでよく聴いたポスト・パンクについて書いていきます。

パンク・ロックの粗削りなサウンドとジャズやファンク、レゲエといった音楽がブレンドされたダンサブルな曲たちに踊り狂い、英国ロック独特の陰鬱やダークなサウンドに宿る熱に胸焦がされた。当時若かりし頃の感覚で言うと、なんかもうぎりぎりでアウトなのかセーフなのかとても奇妙な音なんだけど、とにかくダイレクトに体に入ってくる感じ。衝撃的だった。

通い詰めていたのは心斎橋にあったCLUB FLATtの木曜日のパーティROCK'2'ROCK。

DSC02432

まだスマホがなかった頃で写真があまり出てこないのですが、フロアは全体はこの倍以上。ド平日の日本は大阪オールナイトでいつも100人は超える人でパンパン。それが毎週。ちなみに同パーティは今も心斎橋UNIONでやっているのでぜひ行ってみてください。

だから僕の体験において”ロック・クラブ”と言えば、パンク・ロックやポスト・パンク、ニュー・ウェーヴから90年代のオルタナティヴ・ロックやブリット・ポップ、2000年代〜現在のインディー・ロックへと連なっていくイメージ。自分自身が音楽に目覚めたルーツはビートルズやローリング・ストーンズに代表される1960年代のブリティッシュ・ロックやサイケデリック・ロックなので、その2本の柱と1980年代に発するビースティ・ボーイズやRun-D.M.C.といったロックとヒップホップが交差する音楽のグルーヴが、DJとしての自分を形成しているように思う。

というわけで、今回はオリジナル・ポスト・パンクのナンバーに中で僕が踊らされ続けかけ続けているものと、そのリヴァイヴァル・ムーヴメント、そして最新注目曲を紹介します。

.リジナル編

■Pigbag / Papa's Got A Brand New Pigbag


最初の衝撃はこれでした。ドカドカ鳴り物のワールド・テイストがたまらなく気持ち良かった。サックスの鳴り方とか訳が分からないんだけどめちゃくちゃ自由を感じた。

■The Pop Group / She's beyond Good and Evil


これはピッグバッグのサイモン・アンダーウッドが在籍していたバンド。奇才マーク・スチュワート率いるレジェンドの1979年デビュー・シングル。

■Joy Division / Love Will Tear Us Apart


フロントマン、イアン・カーティスの遺作となったシングル。僕がクラブで聴いてきた曲通算回数でも断トツの上位。

■The Cure / In Between Days


キュアーとジョイ・ディヴィジョンがかかると、外国人の人たちがめちゃくちゃ盛り上がるんです。どうやったらそんなに上がれるんだっていうくらい。あまりにも衝撃的で次の日その風景を思い出しながらレコード屋に走ったのを覚えています。

■Public Image Ltd / This Is Not A Love Song


セックス・ピストルズのジョニー・ロットンことジョン・ライドンが結成したバンド。

■Gang of Four / I Found That Essence Rare


後世にも絶大な影響を与えたこのギターの音とファンキーなグルーヴのマッチがたまらない。

■The Slits / I Heard It Through The Grapevine


パンクロックとポストパンクを結ぶような立ち位置にいる女性バンド。マーヴィン・ゲイのナンバーをパンクでファンクでレゲエにカヴァー。

きりがないのでオリジナルはこの辺で。当然「なんで〇〇選ばねえんだよ」って話も出るとは思いますが、そこは僕の思い出ってことで、またあなたの話も聞きたいです。切に。あとこの流れで自分の中でもシーンとしても絶大なザ・クラッシュ(ポスト・パンクではありませんがレゲエやファンクのエッセンスという意味で)やトーキング・ヘッズにも触れてないですし。その辺はまた改めて。

▲螢凜.ぅ凜.詈

■Tha Rapture / House Of Jesus Lovers


一撃必殺、一番でかい花火といえばこれでしょう。2002年。

■Yeah Yeah Yeahs / Date With The Night


この曲の盛り上がりも尋常じゃなかった。そういえば最近クラブではほとんど聴いてない。今度かけよう。

2017年ニュー・リリース編

■!!! (Chk Chk Chk) / Dancing Is The Best Revenge



リヴァイヴァルのところにもぶっちぎりで入るのですが、新譜があまりにもよかったので。

■Formation / Pleasure


ロンドンからのニュー・カマー。最近彼らにインタビューも行ったのでせひコチラからご覧ください。

■Cabbage / Urber Capitalist Death Trade


この曲はリヴァプールのSkeleton Keyから昨年リリースされましたが、今年に入ってざわついているマンチェスター出身のバンドで僕もかなり注目しています。日本に来られるぐらいまでよろしく!

■HMLTD / Staind


とにかく人と違うことをしてやろうというニュー・ウェーヴの美学を受け継ぐロンドンのニューバンド。一押しです。

とこのくらいで。新しい音楽については日々いろいろと綴っているので引き続きチェックしてもらってパーティに出かけてください。僕自身は東京に引っ越してきて今あまりDJしていないのですが、そう遠くないうちにガツンとやりますので、またよろしくお願いします。

(TAISHI IWAMI)



at |Permalink
NEW PARTY!
Target!01_leg
Target!

2017年9月23日
場所:大阪NOON+CAFE
時間:17:00〜23:00
チケット:前売り3000円(別途1ドリンク代/8月5日よりプレイガイド・NOON店頭にて発売します)
■LIVE
DATS/HAPPY/Heavenstamp/MIssissippi Khaki Hair
■DJ
TAISHI IWAMI/ナカシマセイジ(Alffo Records)/Banchan(FM802)/Higu(mogran'bar)
■問い合わせ先
IN THE FLIGHT inc.
NOON+CAFE